表紙へ戻る  『YACとは?』へ戻る

YACの活動
YACの活動は全国のボランティアの方々に支えられています。



バルーンロケットの打ち上げ
分団活動
全国に約120の分団があり、約600人のリーダーのもと、約5,000人の団員が活動をしています。
<活動例>
・ペットボトルでロケットを作って飛ばしてみよう
・熱気球を作って飛ばそう
・宇宙開発の現場や科学館を見学して科学に親しもう
・望遠鏡で土星の輪や人工衛星を見よう
・みんなでサマーキャンプをやろう
・野原を歩いて自然を観察しよう
・インターネットで情報を交換しよう




本部活動
さまざまな事業を行っています。

<情報発信>
・ホームページ
・宇宙関連書籍の編集
 宇宙と宇宙開発の最新情報のデータブック
 情報は毎年更新
・分団長会議、リーダーズセミナーの実施
 本部と、分団活動の要となる分団長、リーダーとの情報交換


<普及・啓発>
・ロケット施設と自然を体験できる「種子島スペースキャンプ」
・宇宙・科学を楽しく勉強する「スペース・フレンズ」
・中・高校生がプログラムを企画する「スペース・アカデミー」


<国際交流>
・世界の子ども達と語り合い友好を深めるYAI国際コンファランスへの参加
・世界の宇宙少年団団員との交流

YAIとは:
1987年7月、国際宇宙少年団機構(Young Astronauts International)が組織されました。
以来12ヶ国が加盟し、「Peace through Space」、「Go to Mars Together」を合言葉に国際交流が行われています。





YAI国際コンファランス


宇宙飛行士との交流会

藤沢分団による熱気球の製作


天体観測


種子島スペースキャンプ


スペースアカデミー


スペース・フレンズ


表紙へ戻る  『YACとは?』へ戻る