表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
厚木分団
小学生にロボット作りの楽しさを教えるイベント


2007年2月

2004年のスペースアカデミー(神奈川・東京)で発足した中学生中心のロボットチーム「RAC#」が開発した、ホバークラフトロボット製作教室第1弾を開催しました。
前日から本番に向けた準備をして、電気基板の製作や量産機の部品作りなど、すべて中学生の手で行いました。
当日はRAC#のメンバー主導で、各分団に呼びかけて集まった親子2名ずつ6組の参加者と1組の見学者がいる中で、ホバークラフトロボットの本体部分を製作しました。役割分担は決めたとおりに進められましたが、詰めが甘かった部分の問題が出てしまい、最終的に全員完成には至りませんでした。この原因を追求して、参加者には今後のフォローをしていきます。

厚木分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る