表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
備後ローズスター分団
伝統文化と環境問題

〜内海町の歴史と島のくらし〜
2004年7月

活動項目:
・「島の文化と暮らし」の学習
・海岸のゴミ拾い(環境問題について)
・自分たちで作ろう“昼ご飯”(海鮮バーベキュー)
・「打たせ船」乗船体験

古墳時代よりの史跡が残る内海町。昨年度、福山市に合併した町。2つの島より構成されているが、福山市民には馴染みの薄い地域。その島の歴史を学ぶことは意義あることと考え、この活動が実施されました。1400年代には村上水軍の影響を受け、操船技術や捕鯨技術に長け、遠くは明の国やマニラ辺りまで出かけていた歴史を聞きました。これらの歴史を文化財として受け継ぐ義務があります。また、当時の漁の主役であった「打たせ船」が復元されており、その船の乗船体験をしました。さらには、私たちが楽しみ憩う海岸に散乱しているゴミを拾い、人間が生活の中で捨てている事実に気づき、環境問題の導入としました。








備後ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る