表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
備後ローズスター分団
ものづくり「動くおもちゃを作る」

2007年2月

今回の活動では、動くおもちゃ(ライントレースロボット)を作りました。
低学年の団員には難しかったようで、保護者の方に手助けしてもらいながら作っていました。


<参加者の感想文>

・今日は、ロボットカーをつくりました。
一番びっくりしたのは、はんだずけでした。はじめてだったけどじょうずにできました。それと、線をつなぐのはむずかしかったけどさい後にうごいてよかったです。

・つくるのにむずかしかったよ。はしらしたらはしったよ。ちいさいぶひんをくみたてるのがむずかしかったよ。

・私が作った車は、なぜか動きませんでした。それで、スタッフとリーダーのみなさんに、直してもらいました。右のタイヤが動けば左がとまり、それが直ったら曲がらなくなりました。でも、とうとう原因をつきとめました。
みなさん、私のためにがんばって下さって、ありがとうございました。

・僕は、特に“ものづくり講座”が好きなので、今日の活動も、とても楽しみにしていました。さらに、“線の上を走るロボット”なんて、まるで夢のような、ロボットを作るので、ワクワクしていました。
相変わらず、不器用なので再々リーダーに質問する時もありましたが、最後は、立派に完成しました!!
今後、この様なロボットを基本にして、災害救助ロボットなどが、ごく普通に、活躍する日が来るのを、首を長くして待っている、今日この頃です。

・子供と工作をする機会があまりないので、いっしょに作成できてたのしかったです。配線ミス等があり、うまく作動しなかったのを調整してもらってうまくうごくようになり、子供がよろこびよかったです。親子共に物作りを体験できてとてもよかったです。

・つくってみて、さいごにうごかしてみたらすごかったのでいえにもってかえってうごかしてみたいです。
備後ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る