表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
備後ローズスター分団
春の自然との触れ合い、新しい仲間との出会い

2006年4月

目的:
新年度を迎え、新たな気持ちで分団活動に参加するための出会い・触れ合いの場とする。

内容:
(1) 米見山の動植物の観察
(2) 新しい仲間との交流
(3) 「科学者の夢(電磁波と光)」についての講話


<参加者の感想文>

・私は人工えい星がどんなやく目をするのかしりませんでした。そこで人工えい星のテレビみたいなのを見て大切なやく目をしているんだなと思いました。今日は山の中に入って花、木の名前をしりながら歩くのが楽しかったです。歩いていくと田んぼみたいな所につくしがいっぱいはえていてすごかったです。

・きぶえがたのしかった。

・リーダーの皆様 準備からいつも大変お世話になりまして有り難うございます。山菜とりは 出来ませんでしたが、つくしが沢山あって、大変 おもしろかったです。昼食も、いつもながら、そば、天プラ、みそ汁等 どれもおいしかったです。

・野山を子どもたちと歩きたくさんの草花や生き物を見たりふれたりできて、春を身近かに感じることができました。また、お昼には珍しい山菜の天ぷらやつくしもいただきとてもおいしかったです。また、お昼からの先生の講義も子どもたちにとっては少しむずかしかったようですが、おもしろかったです。
人工衛星も日本は最近たくさん打ち上げているとの事で たのしく聞きました。たくさんの体験をさせていただきありがとうございました。

・きょうは、くさと花をみながら、山のなかへ、たんけんにいった。それに、おそばや、ふりかけごはんも、たべたよ。おいしかったよ。ひるごはんをたべた、となりへ、木のいえ、ができてた。
木のおうちはいってみたら木がしんぴんで、木のにおいがいいにおいだったよ。
きれいだったよ。

・きょうは、最初に山を歩きました。きれいな花を見れたり花の名前が分かったしつくしもたくさんとれたのでとてもよかったです。帰ってから昼ごはんを食べ山菜とごはんと日本そば3つともとてもおいしくて大満足でした。最後は科学のことの話をききました。とちゅう実験などをしました。また山菜を食べて見たい。

・山の散策はとても楽しく、めずらしい木や花を見れて、また、名前をしることができてよかったです。食事は 天ぷらもおそばもとてもおいしく自然の味を満喫できました。たいへんな準備をありがとうございました。お話しは少しむずかしかったけど、夢想学舎に来れてとてもよかったです。ありがとうございました。
備後ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る