表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
備後ローズスター分団
探鳥会とプラネタリウム


2006年12月

野鳥を通じて愛鳥意識と自然保護の心を養うとともに、プラネタリウムを観賞することで星座への関心を高める活動をしました。

今回の探鳥会では、芦田川流域の冬鳥24種を見ることができました。天候が穏やかで、参加した分団員と保護者は探鳥会をゆったりとした気持ちで楽しんでいる様子でした。
また、プラネタリウムでは、季節による太陽の位置の変化や星座の話を聞きました。

<参加者の感想>
・ぼくは、はじめてのバードウォチングでたくさん鳥を見つけられてうれしかったです。あとプラネタリュウムで夏のだい三かっけいをみつけられてうれしかったです。今日はたのしい一日になりました。

・日ごろから見慣れた 風景の中に 実に多くの鳥がいることに、おどろいた。また、名前も知らずに見るよりも、名前を意識して見た方が楽しく、身近に感じられて良かった。
水鳥は飛んでいる時間より 水に浮いている方が長いため 観察し易いと思った。

・今日は、バードウォッチングと、プラネタリウムを見に行きました。
さいしょは、バードウォッチングに行きました。見た鳥の数は、14ひきです。つぎにプラネタリウムに行きました。色んな星ざを見ました。とてもおもしろかったです。

・お天気も良くたいへん気持ちよくバードウォッチングできました。良く見るといろいろな種類がいるのですね。モズがとてもきれいで印象的でした。説明をありがとうございました。プラネタリウムもわかりやすくおもしろかったです。

備後ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る