表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
藤沢分団
潜望鏡を作って遊ぼう

2005年2月
活動内容:
(1)潜望鏡製作 (2)ロボットアーム製作・取付け (3)遠隔捕捉実験 (4)アンケート

潜望鏡製作は、キットの部品をカットし貼付・組み立てるもの。空洞の四角柱3本を成型し、うち2本はそれぞれL字型に曲げて角部の内側に傾斜鏡を接着。前方が見えるように3本を接着すると潜望鏡が完成。
ロボットアームは、潜望鏡の側部に取り付け(これはスペースシャトルのロボットアーム先端にビデオカメラを装着したような状態で、大発明!)。アーム先端に2本指をセット、この開閉操作のため潜望鏡の側壁に糸2本を装着(適宜接着したストロー内を通す)。
遠隔操作実験は、アメ玉の捕捉ゲーム。指の先端は挟み取る力を充分に発揮するように工夫されているので、全員捕捉に成功したようですが、中には、アメ玉をすくい上げる人や、潜望鏡を覗いていない方の片目か両目でアメ玉を確認している人もいました。
アンケートは、藤沢分団の活動実績や今後の企画について、感想、意見、希望などを把握するねらいで実施しました。「外国へ行く」「天体観望会」「運動会」「無重力体験」などの希望がありました。
製作指導 製作中
ロボットアーム取り付け ロボットアーム完成
アメ玉捕捉実験(アーム先端が白くて見えにくいね)
藤沢分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る