表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
藤沢分団
日本科学未来館見学会


2007年3月

今回は、日本科学未来館の見学会をおこないました。
まず、行きのバスの中で未来館の展示内容の大枠を頭の中に入れたり、ナノテクノロジーに関連するビデオを見て、見学気分を高めました。
未来館の展示は大きく4部門に分かれていて、グループごとに3時間半の見学時間をめいっぱい使って見学しました。昼食時間の前の15分間は、毛利館長と記念写真を撮ったりお話しすることができて、みんな大喜びでした。毛利館長からは、世界最先端にある日本のロケットエンジン、国際宇宙ステーションの組立てや実験に参加予定のJAXA宇宙飛行士のことなど、宇宙開発の現在の状況に関するお話しを聞きました。

帰りのバスの中では、みんなで活動の感想発表をしました。「日本の技術がすごい」、「展示内容が豊富で新鮮だった」などの声も聞かれましたが、毛利館長に会えたことが一番印象に残ったようで、みんな良い体験と思い出ができました。

日本科学未来館に到着
超伝導物体の浮遊実験に見入っています


ASIMOの実演も見たよ!
毛利館長からお話しをいただきました

藤沢分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る