表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
藤沢分団
藤沢市「子どもフェスティバル」参加


2006年5月


<活動内容>

1) プチロケットの打上げ
2) 水ロケットの打上げ

バブ入浴剤の製粉
ケースへの燃料(バブ粉)充填
プチロケットの打上げ風景
打上げ要領説明中
ペットボトル打上げ
(デモンストレーション)


好天に恵まれ、多くの体験コーナーが、家族連れで満ちあふれていた。
プチロケットの打上げは、会場のほぼ中央にある「営火場」で、打上げ体験希望者(ほとんどが幼児、小学生)を支援する形で実施。

団員は、
 ・入浴剤バブの製粉
 ・バブ粉(燃料)のフィルムケースへの充填
 ・打上げ希望者の受付
 ・順番整理
 ・打上げ要領の説明
 ・水の注入、発射(支援)
 ・落下ケース回収
 ・打上げ台清掃
の各段階を分担。用意したケース(520個)は全部使用。団員は適宜交替していたが、総じて団員同士の連携と高学年(中高生)団員のリーダーシップが巧くかみ合っていて、全て順調に終了。作業は繁多で、他団体の体験コーナーを探訪する余裕は少なかった。

水ロケットの打上げは、昼休みの間に、会場南西部の広場で実施。デモンストレーションとして、大(1.5リットルペットボトル)、小(0.5リットル)2本を計3回(大2回、小1回)打上げ。


藤沢分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る