表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
<参加者の感想文2>


・コンビニ、スーパー等でおにぎり、すしなどが手軽に食べられるようになった背景に貴社の製品の活躍があるのだということが良く理解できました。ニーズ、競争は変化し、大変かと思いますが福岡を代表するメーカーとしてがんばって下さい。お米文化は日本に限らず、東・東南アジアにもあります。コンビニも台北、バンコク等広く普及が進んでいます。北米などでは寿司バーがはやったり、おにぎりも海外展開の可能性は大いにあるのではないでしょうか。メーカーの仕事というよりも、商品の売り込みの問題が大きいとは思いますが、海外展開も考えたらよいという気がしております。(保護者)

・今日はいつもと違う貴重な体験をさせていただきました。子ども達も目を輝かせて見学していました。機械をつくる工程から、おにぎり・麺を実演するところまで多くのことをまなぶ機会を与えて下さった不二精機さんに感謝いたします。試食もできて最高でした。(保護者)

・テレビでおにぎりロボットの存在は知っていましたが、ここまで1台1台受注に応じて手作りしているとは知りませんでした。少量多品種生産という形態はいつも創意工夫を強いられると思いますが、技術力の向上やニーズの動向把握につながるでしょう。これからも地元福岡の企業として応援します。(保護者)

・コンビニ、回転寿司等でよく目にするオニギリ、寿司の製造機械を目の当たりにして大変親しみを感じました。子どもにとっても、今後街で見かけるおにぎりや回転寿司の見方が変わってくると思います。今後も九州を代表する、そして世界にはばたく企業になられることを期待します。(保護者)

・日ごろ、手軽に食べているコンビニのおにぎり。形から機械によるものだということはなんとなく解っていましたが、今日、その機械を目にしてその開発から完成までこんなに多くのご苦労があるとは知りませんでした。おふくろの味、職人の味に近づけるため、色々と研究されていることも解りあとでいただいたおにぎりの味がいままで以上に美味に感じられました。そしてコンビニでまたおにぎりを買うときは不二精機さんのスタッフの方々の顔を思い出すことでしょう。今日は本当にありがとうございました。(保護者)

・不二精機さんのお名前は時々耳にしていましたが、何を作っている会社か知りませんでしたが、あのいつも感心するおにぎりでは日本一だったり、パスタやシャリなどすごい物を作り、これをオーダーメイドでていねいに作ってるすごい会社だと感心しました。今日の見学もていねいに迎えてもらいいろんなものを見せてもらってとてもおもしろかったです。シャリの家庭物があれば、とてもほしいなと思いました。(保護者)

・とても興味深く勉強になりました。試食もおいしくいただきました。会社の方のご親切に感謝申し上げます。(保護者)

・今まで時々テフロン加工のフライパンを見てテフロンとはどんなものなのか疑問に思っていたが、今日工場で初めて触れて知ることができて良かった。コンビニのおにぎりは具が中心に入っていないのが不思議だったが、工場を見学して納得しました。(保護者)

・手作業で製造から組み立てまでされているので工程がよくわかりました。(保護者)

・「コンビニのおにぎりは機械で作られているんだろう」とは思っていたけれど実際に見たのは初めてで、大変興味深く見学させていただきました。他に、「テフロン」という素材、素材をカットする大きな機械等、大変勉強になりました。本当にありがとうございました。(保護者)

・機械が作ったそばがコシがあってとてもおいしかった。パスタも食べてみたかったですね。(保護者)

・不二精機の皆様、今日はありがとうございました。そばを作る機械は過程にも欲しいなぁと思いました。(保護者)

・お忙しい中社員の皆さんありがとうございました。お客さんの声をきいて設計開発から製品化まで一貫して自社内でやっているのを見て「日本の経済を支えているのは中小企業」ということが実感できました。最先端を支えるのは結局手作りの現場なのですね。(保護者)

・私たちが普段実際にコンビニなどで買っているおにぎりが、どんな機械で作られているか見学でき子どもも私も感激しました。特に子どもはご飯をパカパカとうつしかえる部分などを見てすごく喜んで目を輝かせておりました。多分、このような本格的工場に入ったのは生まれて初めてで、いい経験が出来たと思います。また、今伸びつつある会社の意気込みも感じられよかったです。今月の体験からまた一段と子どもの創造性や夢がふくらみそうです。ありがとうございました。(保護者)

・いろいろな機械製作工程を見せて頂いて大変勉強になりました。また機会があればぜひ開発の苦労話なども聞かせていただきたいです。(リーダー)

・部品を作るところから見られましたので、実際に巻きずしカッターにその部分があったりして、子ども達も“発見”して喜んでいました。何気なく手元にあるものも、こんな風に作られていることを知って、日常の中のどうなっているんだろうという目が他のものにも向けられたり、これはあれの応用だ!!と気づいてくれたりすると嬉しいです。今日は本当にいろいろな準備がゆきとどいていてそのご苦労に感謝いたします。ありがとうございました。(リーダー)

・福岡に全国No.1のメーカーがある事を知りうれしくなりました。最初におにぎりの機械をつくられたそうですがきっと“プロジェクトX”みたいな苦労があったことと思います。分団長が言われたような宇宙で食事できる機械が将来生まれることを期待しています。不二精機の皆さんありがとうございました。(リーダー)

・レーザーで金属板から部品を切り取る過程の見学で切り抜かれた後の板を見てもっと効率よく切り取れるのではないかと質問すると、あんまり切り抜く場所を近くすると熱により寸法がくるってしまうとのお答えをいただきました。効率と精度を同時によくすることの難しさを感じた。あと分団長も言われた通り、宇宙での利用も期待したいと思います。(リーダー)

・事故もなく終わって「ホッ」としております。不二精機様のスタッフに感謝致します。(副分団長)

・普段見ることのない、工場の中などで使われる機械を見ることができてとてもおもしろかった。特に巻き寿司ロボットの動きに感動!手で行う作業を機械でいかに行うかアイデアが素晴らしいです。(リーダー)

・10割そばのコシにはびっくりしました。ぜひ家庭用を出してもらいたいと思います。(リーダー)

・商品を作る早さに驚きました。正確な分量であれだけの速さで作るのは大変だと思います。技術の高さが見れてとても良かったです。(リーダー)

・レーザーによる金属切断などが見られて非常に良い経験になった。テフロン素材の有用性を感じた。空港近くという立地条件もよく(毎日飛行機が見られる!)実際のところ、ここで働きたいと思った。(リーダー)

・10年ぶりに久しぶりに参加して、活動の広さ、熱心さにあらためて感心したところです。福岡分団の皆さんの熱意が伝わってくるとともに安心と喜びを知ることができました。今日の不二精機さんの食品のロボット政策には、人の心意気を知ることができ、食文化のさまざまな対応に適した機械づくりから食文化を忘れてはならないことを再確認することになりました。ありがとうございました。(社会人)

・純なそばの製造には非常な感激です。おむすびの機械的製造には感激です。とくに老後に安心感がもてます。(顧問)

・まずおにぎりを作る機械だけでなく、そばやパスタを作る機械まで作っていることに驚きました。今まで見たことのある機械関係の工場と違って食品を扱っていることならではの工夫がされているのに感心しました。巻き寿司を作る機械の動きが面白かったです。人の手で作るのとはやり方も違いあっという間にできるのがすごかったです。また巻き寿司を切る機械も形をつぶすことなく切ることができるのに驚きました。僕が以前イギリスで食べた寿司は握り方が硬くおいしくなかったので、ぜひおいしいおにぎりや寿司を世界中で食べられるように頑張って欲しいです。(リーダー)

・普段何気なく食べている“おにぎり”が作られる様子には大変驚かされました。向上を見学して1台の機械を作るのに多くの時間を人が関わっていることを知れていい経験になったと思います。組み立てに流れ作業ではなく少人数が最初から最後まで組み立てるというのは作る人の責任は重いだろうけど作り上げた時の喜びは流れ作業に勝るものだろうと感じました。(リーダー)

・今回は食品を取り扱う機械という普段取り扱っている機械とは目的の異なるものの製造現場を見れて非常にいい経験だったと思う。普段たべているおにぎりなどがどういう風にできているのかというところも見れて面白かった。自分もそばを打ったことがあるがつなぎを入れずにやるとうまく長い麺にならなかったことを思い出し、今回見た機械が過程でも使えるようになればと思います。(リーダー)

・先ず工場見学させていただき整理整頓がいきとどいていて会社の思想が徹底されていると思います。若い人達が生き生きと働いており、また一人一人が目標をもって働いている点が非常に感心させられました。教育というのがほんとうに大事であると思いました。この会社は将来発展されるだろうと思うのは、だれも行っていない、また自分達が一番であると思うと強い力に成るんだなと思いました。Convenientという言葉は日本語でいう“便利”であるというか、一つのものを極めると次の力に次々とつながっていくことが必要であると思いました。これからの社会のニーズにフィットした仕事であると感じました。(副分団長)

・今日はどうもありがとうございました。寒い中、多くの社員の方が駐車場の誘導をしていただき、初めから最後まで心配りをしていただき厚く感謝申し上げます。不二精機さんが、梅ヶ枝餅、おはぎ、おにぎりとコンビニエンスストアーと共に成長してこられたと聞いて、時代を読む的確さとそれを実行に移す実力に大変感心しました。また、製品の完成度が高く、日本のお家芸である「きめ細かいもの作り」に感服しました。NC(数値制御の工作機械)は航空機のメーカにあるものと同じ様なレベルで感心しました。今後は、ソバの茹で加減を一人一人の好みで変えることが出来るようなレベルを目指して更にチャレンジしていただくことを期待しています。不二精機さんの機械はかなりなものが重力がなくなった場合にもそれなりの対処が出来るのではないかと考えられるので、宇宙ステーションでパスタ料理やソバを食べることができ、そして宇宙おにぎり製造機が稼動することを大いに期待したい。そのころは、宇宙ステーションは、地球からの観光客でいっぱいだろうから。(分団長)


<「おにぎり製作装置を作る工場見学と太陽ゲーム」の最初へ>

<参加者の感想文1> <参加者の感想文2>

福岡分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る