表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福岡分団
ちいさなものを調べよう!
「ビー玉顕微鏡作り」「DNAの抽出」
2003年5月

5月の活動では、ビー玉顕微鏡作りとDNAの抽出をしました。
ビー玉顕微鏡作りの方は、家にあるような物だけで顕微鏡が作れる事に驚いたのではないでしょうか。今回作った顕微鏡は「レーヴェンフックの顕微鏡」といわれる物を応用した物です。(レーヴェンフックの趣味はレンズ磨きだったそうです) レーヴェンフックは自分の作った顕微鏡を用いて、血液の中にある赤血球を発見したと言われています。
また、中学生以上の人と希望者は、DNA抽出をしました。
DNAが何なのか、わからなかったかもしれませんが、抽出自体は、台所にある物と、消毒用アルコールだけで、割と簡単に出来たのではないでしょうか。
今回はブロッコリーから抽出しましたが、他の物からも同様に抽出できるはずです。家でやって、夏休みの自由研究にしてはいかがでしょうか。


<参加者の感想文1> <参加者の感想文2>

福岡分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る