表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福岡分団
博多港コンテナターミナルを見学しよう!


2005年3月

昔から海運で栄えた博多港が、九州で初めてのコンテナ専用ターミナルとして整備され、コンピュータシステムによって今では世界へ直結するコンテナターミナル基地である様子を見学しました。
三菱倉庫(株)では、創業110数年という古い歴史のある会社の倉庫内の作業が、近代的なフォークリフトでスピーディーに作業されている様子を見学しました。

3月の活動は、「博多港コンテナターミナルを見学しよう!」でした。
はじめに見学した香椎パークポート・コンテナターミナルでは“ストラドルキャリア”という専用クレーンが縦横無尽にコンテナを運んでいる様子にはみんな驚かされたのでは? アイランドシティ・コンテナターミナルでは、巨大な“トランスファー”というクレーンがコンピュータによって大きなコンテナを軽々と運ぶ様子を見て、あらためて自分たちが住むこの博多は、国際物流のメインポートとして大きな役割を果たしているのだと感じさせられました。いつも高速道路から見ていた巨大なキリンのような“物”の実態がやっとわかりましたね。三菱倉庫の見学では、マンションの5階建てに匹敵する大きな立体自動倉庫の中で、自動仕分けされたパレットの上の荷物がスピーディーに移動しているのを見て“ワァーすごい!!”の言葉しか出なかったですね。
なかなか間近で見ることができない今日の見学会では、またひとつ“ものしりさん”になって、とても得をした気分になったのは私だけかなぁ…。(分団事務局)


以下は、参加者の感想の一部です。

・ふねからこんてなをおろすくれーんがおおきかった(幼稚園年長)

・きょうぼくは、はじめてみなとの見学をしました。ついでに、じしんのあとも見ることができました。いろんなたいけんができました。(小2 男)

・今日は、そう庫や、いろいろなところを見ました。どこもすごかったです。今日は、見学できてよかったです。(小3 女)

・細いロープでおもいものをはこんだからすごいと思った。(小3 男)

・今日はいろいろとコンテナターミナルや、そうこなどをまわりました。ひさびさにヤックにいってみて、思ったよりもとても楽しかったです。荷物をはこぶのり物は“トラック”というイメージが多かったけど、ひこうきやふねなどいろんなのり物やきかいがありました。はなしから、いろんな物がきょうりょくしあって、自分たちの家までおくられているとわかって、とってもびっくりしました。これからもいろいろなきかいやそうこなどを見ていろんなことをしっていきたいです。(小4 女)

・三菱倉庫を見学していろんなきかいがあってのってみたくなったりたのしくてべんきょうになった。(小4 男)

・今日、コンテナターミナルに行って感じたことは、コンテナが大きなクレーンでつんでうごかしたりトレーラーにコンテナをのせる所は、見たことがなかったのでびっくりしました。それに「三びし倉庫」に行って、「立体自動倉庫」を見た時クレーンが、荷物を自分で、分ける所もびっくりしました。今日の活動はとてもきちょうで楽しかったです。(小5 男)

・初めて見学したわけじゃないけどたのしかったし、いろんな事がわかったので、よかったです。車用のエレベーターに乗って、大きかったし、出入り口が両方あったので、すごかったです。(小5 女)

・今回は、「博多港ターミナルを見学しよう」でした。見てまわって、一番おどろいたのは、三菱倉庫の自動倉庫でした。必要な荷物を自動的にたなからとり、パレットにのせ運ぶ作業をすべて機械で行うので、便利だと思いました。(小6 男)

・今日はいろんな所を見学しました。そうこの見学やビデオを見たりしました。ちょっとむずかしかったけど楽しかったです。(小6 女)

・今日は、コンテナターミナルの見学だった。クレーンやトラックの見学ができたからおもしろかった。(中1 男)

・初めて見るものばかりですごかった。いろんな物が運ばれていたりしてすごかった。(中3 女)

・こんなに倉庫が複雑だとは思わなかった。無人で動いているところはすごいと思いました。あまりの大きさにビックリしました。(高2 女)

・物流について、港の役割を改めて学びました。国際物流の拠点としての博多の役割など知ることが出来、大変良かったです。(保護者)

・物流に関する見学が出来ました。大変システム化され、効率良く作業がされていました。福岡にこんなに大きなクレーンのある港があるとは、大変びっくりしました。三菱倉庫さんの自動倉庫も、大変おもしろかったです。(保護者)

・輸送の自動化の実際を見せてもらって大変参考になりました。(顧問)


福岡分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る