表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福岡分団
アルコールロケットを作って飛ばそう!!
2004年5月

ロケットの推進する原理を、いろいろな実験を体験しながら理解しました。スケートボードに乗った上でのジェット推進の体験、ロケットの飛行速度よりも遅くガスを後ろに排出しても、ロケットは加速する?しない?という、なぞなぞもありました。
また、500ccの炭酸飲料用のペットボトルを利用したアルコールロケットを作って飛ばしてみました。使用教材はリーダー達の思索によるものです。

以下は、参加者の感想の一部です。



・ロケットつくってたのしかった。5mも飛んだよ。すごいねー。(5歳 女)

・10.5mまで上手に飛んで嬉しかったよ!!(幼稚園年長 男)

・たのしかったよ。(小1 女)

・どうやったらとおくまでとぶのかなとおもった。(小1 男)
<こういったことを考えるのがロケット科学者への第一歩です。(分団長)>

・ぼくは、ロケットの先のところをどうやっていいかわかりませんでした。ずっとやるとなれてきました。それができても上をはめるところがむずかしかったです。ロケットって作るのがむずかしいなと思いました。ロケットを作ってたのしかったです。またきてみたいです。(小2 男)
<むずかしい工作にチャレンジできてこそ、ロケット科学者だ。よく頑張ったね。(分団長)>

・つくるのはむずかしかったけど、かわいくできたしいっぱいとんでうれしかったです。ロケットをつくるのがはじめてだったからうれしかったです。(小2 女)

・ロケットは、うしろのほうに羽をつけたほうが長くとびました。羽はななめになったほうがよいみたいです。もっとべんきょうしたいです。(小3 男)

・今日、アルコールロケットをつくりました。ロケットをとばしてお兄ちゃんもとばしおわって、わたしのほうがきょりがながかったので、お兄ちゃんにかてたのでうれしかったです。(小3 女)

・さいしょに、H-IIAロケットやM-Vロケットなどのスライドを見ました。そしてロケットを作り始めました。形は自由だったからはねの形をギザギザにしてみました。ノーズではコンパスがなかったからこまったけど、リーダーに細長い紙にあなをあけて、そのあなに、シャーペンの先をさして円をかくほうほうを教えてもらいました。それがやくに立って、とんがったノーズができました。かんせいして、外に出たらいっぱい人がならんでいて長い時間をまちました。ならんでいるとちゅうにねんりょうになるアルコールを15てき、ペットボトルのあなから入れました。ぼくの番がくるまでうまくいくか心配でした。ストローのあなにひもをとおした時「上手にできますように…」と思っていたけど、3mしかとばなかったからがっかりしました。そして、何がげんいんかをお母さんとしらべたけどわかりませんでした。だけどいま、ぼくは、はねをギザギザにしたのがげんいんじゃないかと思います。こんどはもっととべばいいなと思います。!!(小4 男)

・あまりロケットが飛ばなかったのは、たぶんペットボトルの水分のかわかし方がたりなかったからだと思う。もう一度チャレンジしてみたい。(小5 男)

・今日はロケットを作ってとばしました。8mまでとんだので、うれしかったです。それに、絵も「かわいくかけてる」といわれたので、うれしかったです。ほんとうに、うちゅーまでいけたらなぁ〜。(小5 女)

・最初にH-IIAとM-V(5)ロケットの紹介があった。そしてロケットの作り方の説明をして、早速ロケット作りを始めた。フィン(羽)は今まで作ったことがあったからすぐできたが、ノーズコーン(頭)はすごく難しく、作るのに20分ぐらいかかった。フィンをつけるときに両面テープで付けるかセロハンテープで付けるか迷ったが両面テープで付けたほうがきれいだろうと思い両面テープで付けた。今度はノーズコーンを付けるときはセロハンテープで付けたらちょっとななめになったけどリーダーが「そのくらいいいよ」といったのでそのままにした。出来上がったら早速飛ばしに行ったが、いっぱい人が並んでいてしばらく待った。そしてと中でアルコールを入れた。そして飛ばしたら9mとんだからいいほうだった。ちなみに最高記録は14mぐらいだった。(小6 男)

・今日のロケット作りで2.5mというとても残念な記録を残すことになりました。いろいろかんがえたのにがっかりです。またやるときはいい記録を残したいです。(中1 男)

・今回の活動ではアルコールロケットをつくってとばしたがけっかはぜんぜんだめだった。たぶん機体がおもいせいだと思う。こんどまたつくるときがあればかるくしようと思った。今日の活動は楽しかった。(中2 男)

・子供に「ロケットってどうして飛ぶのか」ときかれ、正直返答に困っていました。今日のような遊び感覚の中で理論を教えていただければ子供たちも理解しやすいと思います。私も子供の頃にこのような機会があれば…、とつい思ってしまいました。(保護者)

・子供たちと一緒に楽しみました。発想力が柔軟でこちらの方が教えてもらった気分です。素直に「すごい」と思う姿勢を見習おうと思います。(リーダー)

・今回はちょっと準備に手間取って時間がもったいなかったですね。何度か飛ばして工夫できる時間を作ると良かったんですが…アルコールロケットは初めて見たけど、大きな音と一緒に飛び出す迫力のあるロケットだったので面白かったです。団員のみんなも今までの経験を生かしてフィンやノーズの形を考えていたみたいなので楽しめたんじゃないかな。(リーダー)



福岡分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る