表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福岡分団
子ども衛星アイデアコンテストに応募しよう!!


2006年5月

人工衛星を考える前に、光追尾装置(光に向かってアームが動く)と、立体写真を見る機器、光の三原色(色の混ぜ合わせを観る装置)と「だいち」が撮った立体写真を見ました。
その後、「子ども衛星アイデアコンテスト」にむけて、実際にスケッチをしてみました。まず最初に、みんなが知っている人工衛星を書いてみました。ガイドブックや宇宙年鑑などを参考にしながら、とても精密な人工衛星が書けたようです。
次に、今回のアイデアコンテストにむけて、自分だったらどんな人工衛星を作りたいかを書いてみました。なかなかアイデアがわかなくて苦心した人もいましたが、さすが!! 福岡分団の子どもたちです。思い思いのアイデアをいっぱい出し合って頑張っていました。

福岡分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る