表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福山南ローズスター分団
サマーキャンプ


2006年8月

1日目は、午前中に基本形水ロケットとパラシュート付ロケットを製作しました。
特に、パラシュート付ロケットは分団のオリジナルバージョンで、今回初めて製作しました。パラシュートがうまく開くか心配でしたが、思ったよりもうまくいきました。
食事は、ダッチオーブンを使った料理がメインで、豪快に焼いた牛肉、ローストビーフ、卵やウインナーのくん製など、みんなでにぎやかにおなかいっぱい食べました。
夜は、曇り空で星空観察ができなかったので、室内で夏の星空について勉強しました。夏の大三角形などを学んだのですが、その後、外の雲が消えたので、実際に夜空で夏の大三角形を見ることができて、うれしかったです。また、キャンプファイヤーでとても盛り上がりました。

2日目は朝7時起床でした。自然観察でトンボやカブトムシを取って、楽しかったです。お昼は、関西風お好み焼きやそうめん流し、カキ氷など盛りだくさんでいっぱい食べました。最後は、「来たときよりもきれいにしよう」を合言葉に、みんなでお掃除と整理整頓をしました。


<参加した団員の感想文>

・初めて作ったパラシュートロケットはむずかしかったです。なかなかパラシュートが開かなかったので、いっぱいちょうせいしてやっと開きました。水ロケットは50メートルだったのでよかったです。両方とも風が強くてよくとばなかったけど、どちらもせいこうしたのでよかったです。

・今回の事業はとても長かったのでいろいろなことが出来ました。とても良かったです。「黄色いスイカ」もおいしかったです。

・今回のサマーキャンプは最高でした。パラシュートロケットやきほんがた水ロケットを作ったり、キャンプファイヤーをしたりしたけど、中でも一番楽しかったのは夜ごはんです。おいしいお肉やキャベツの丸ごと煮やスパニッシュオムレツを食べたからです。ほかにもおんせんにはいってダラダラしたり黄色いスイカを食べたりしてとても楽しかったです。


<保護者の感想文>

・宇宙少年団に入って1年数ヶ月、いろいろなイベントに際してリーダーの方たちの用意周到な準備や子ども達を楽しませるアイデアにおどろくばかりでした。キャンプの準備や段取り、ダイナミックな料理の数々、どれもリーダーの方たちが率先してとても楽しまれながらされている様子には、子ども達や私たち保護者も心動かされました。

・毎度の料理がハンパなく豊富で(量も種類も)、確実に太って帰ってるに違いないと思います。竹を割って流したそうめんに目を輝かせて夢中になる子ども達の姿はとてもかわいかったです。来年はもっとたくさんの参加者があるともっと楽しめるのになあとおもいました。
福山南ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る