表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福山南ローズスター分団
各種ロケットの製作と打ち上げ大会


2007年4月

今回は、水ロケットの製作と打ち上げ大会をしました。
初めて水ロケットを作る団員は基本型を作り、何回か作ったことがある団員はパラシュート型を作りました。重心の位置、フィンの枚数、取り付け位置、いろどりなど、自由な発想をつめこんだロケットができあがりました。

昼食後、前回の活動で作った連凧を揚げてみましたが、クルクルと回ったり、急降下したり、思うように揚がりませんでした。リーダーが中国で買ってきた連凧も揚げてみたところ、よく揚がりました。これを参考にして、連凧の改良すべき点を熱心に研究していました。

そして、いよいよロケットの打ち上げ大会です。飛距離を競う基本水ロケットの部では、場所の関係で圧力をおさえての打ち上げでしたが、みんなしっかり作っていたので全員70メートル以上を飛ばして、優勝したロケットは95メートルでした。続いて、火薬ロケットの打ち上げとパラシュートロケットの打ち上げをしました。思うように落下傘が開かないロケットもあって難しさを感じましたが、みんなのロケット製作のレベルも確実に向上してきています。次はもっと上手に作って、思いっきり飛ばしたいです。
打ち上げの後は、飛距離の部、パラシュートロケットの部それぞれで認定証をもらいました。今度は、もっと広い場所で圧力も上げて、100メートル、150メートルも夢ではないロケット作りと打ち上げに挑戦したいです。


福山南ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る