表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福山南ローズスター分団
さつまいも掘り&おもしろ実験


2007年10月

今年もさつまいも掘りとおもしろ実験ができました。苗から育て今日まで畑の管理をきちんとやっていただいた高垣リーダーのおかげです。改めて感謝しましょう。天気も快晴、秋晴れの清々しい空気と畑の香りが漂う中で今日の事業がスタートしました。いつものようにYAC憲章を唱和し瀬来分団長の挨拶です。高垣リーダーから芋掘りの説明がありそれぞれわかれて早速さつまいも掘りにとりかかります。今年は少し雨が少なくて育ちが悪かったようですが、それでも次々と芋が出てきて大きな歓声があちこちであがっていました。
旭公民館に移動して料理の開始です。リーダーと父兄が一緒になって料理を作りました。今回は定番のカレーとさつま芋を中心に天ぷらづくしのメニューです。揚げたてのてんぷらのお味は最高です!
屋外ではもう分団ではおなじみとなったダッチオーブン3段積みの焼き芋つくりです。すっかり出来上がったところでお昼のスタートです。
おもしろ実験はカルメ焼きです。これは昭和30年代に夜店や家庭の素朴なお菓子として作られた懐かしい味の砂糖菓子です。現代っ子たちの口にあいますかね。しかし出来たカルメ焼きを「おいしい」といってみんなよく食べていました。ちょっと難しかったけどきっちり膨らんだときは感激でした。

福山南ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る