表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
福山南ローズスター分団
1.5m光学望遠鏡と4次元シアター


2007年11月

今月は広島大学宇宙科学センターの東広島天文台を見学に行きました。28名定員のバスだったのですが参加者が予想以上に多くて全員がバスに乗れませんでした。リーダーが2台自家用車を出してなんとか全員天文台に到着しました。たくさん団員、お友達が参加してくれたお陰でうれしいですね。バスの中では長澤リーダーが宇宙についてのQ&Aを判りやすくクイズ形式で出題しみんなも楽しく勉強しました。東広島の天文台についてから、天文台長の大杉センター長(広大教授)から直接宇宙について詳しく説明していただきとても勉強になりました。天体望遠鏡では、天王星を観測し丸いことを見た後でさらに遠い星はきらきらしていて丸くないなどを勉強しました。天文台、ご自慢の4次元シアターも見ました。特殊な偏光メガネをかけることにより映像が立体的に画面から飛び出してきたりまるで宇宙船に乗って宇宙を旅行している錯覚を覚えるほどリアルで迫力のある画面に見入ってしまいました。予定した時間があっという間に過ぎてしまいとても楽しいひと時を過ごすことができました。

福山南ローズスター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る