表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
広島分団
ロケットシリーズ2004
バルーンペットボトルロケット
2004年6月

今回は、「ロケットシリーズ2004」の1回目として、バルーンペットボトルロケットを作って飛ばしました。参加者はバルーンペットボトルロケットを作って出来上がった大きさと打ち上げ時の迫力に驚いていました。


<参加者の感想文(一部)>

・思ったよりも大きく、重かったので、本当に飛ぶのか?と思ったりしたけれど、かなり高く飛んだので良かった。それまでの工作も分かりやすく、楽しく作れた。
・水がよく(先に)出てきた。なので、あまり飛ばなかった。
・ロケットがたかくとんで「すごい」と思いました。いいさく品ができてよかったです。
・ロケット作りや作ったロケットを自分でとばすことができたのでうれしかったです。30点とれたのでよかったです。
・ロケット作りや作くったロケットをとばしたのがとってもたのしかった。このロケットは思でにしておきます。
・たのしかったし、おもしろかった。
・作るのにかなり時間がかかってたいへんだった。
・またやりたい
・バルーン水ロケットはみためが大きい分、迫力があるね。
・時間がかかったけれど、とてもおもしろいものが作れた。楽しかった。
・ロケットはなかなまっすぐにはかえってきませんでした。
・ロケットが高くとんでくれたのでうれしかった。
・30点とれた。たかくとんだ。
・バルーンをふくらませる、肺活量が弱い。
・お天気がよくてよかった。スタッフがみな親切だった。
・スタッフがおそろいのTシャツだったので、質問しやすくてよかった。
広島分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る