表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
広島分団
電子工作初歩の初歩、人工衛星学習


2008年4月

<活動の内容>
最初にLEDの基本回路を学習し、工作しました。
細かい作業も自分でおこないました。
そのあと、人工衛星について学習しました。

<活動の感想>
小5・・・ニッパーで、電線ビニールの切れ込みを入れるのが、難しかった。
小3・・・電線の回路をつなげていくのだ、楽しかった。こんどは、もっと難しいのに挑戦したい。
小2・・・家で抵抗がはずれたのでお父さんに直してもらいました。今日行ってたのしかったです。
年長・・・電気が光ったときうれしかった。冷たいものが、電気が通ると思ったけど、ちがった。 

保護者・・・小学校の頃の理科の実験を思い出しました。回路図の見方や、電線のつなげ方など、忘れていたり、はじめて知ったことがあり、子どもと同様に新鮮な気持ちになりました。

保護者・・・LEDの工作ですが、とても楽しかったようです。ありがとうございました。ニッバーでの細かい作業には多少手間どっていたようですが 他のお子さん達はもっとスムーズにされていたように見えましたので 年齢的にはそれほど大変ということも無かったのかな?との印象でした。慣れない手つきで頑張っていましたので、難しいなりに良い経験になったのではと思っております。また、手を離れたあと道具を危なくないようにきちんと置く、という点、子ども達にご指導下さったこと、とても良かったと思います。ありがとうございました。



広島分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る