表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
日立シビックセンター分団
「デジタル表示をつくろう」
「惑星を見よう」
2004年3月

実験工作班と、天文班に分かれての活動です。

実験工作班「デジタル表示をつくろう」
13個の赤色LEDを用いて、0から9までの数字表示を作り、二進法の概念を学びました。
LED1個に乾電池を1個ずつ用いたため配線が複雑でしたが、班毎に協力してON/OFFを行えるようになりました。数字表示が出来た後は、アルファベット、漢字など班毎に作り上げました。材料は、赤色LED、乾電池、鰐口クリップです。





天文班「惑星を見よう」
望遠鏡で木星と土星を観望しました。ガリレオ衛星や木星の縞模様、土星の環が良く見えました。
日立シビックセンター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る