表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
日立シビックセンター分団
青少年のための科学の祭典に参加しよう
2004年10月

青少年のための科学の祭典日立大会に、日立シビックセンター分団として参加しました。かさ袋ロケットの作り方をお客さんに教えました。

10月17日、祭典に出るための準備をしました。まず、ロケットの形をみんなで相談し、ノーズコーンを付けることと、羽根を4枚にすることを決めました。手間がかかるのでリーダーは反対したのですが、「格好良いから」という団員の意見が多数を占めました。
その後、お客さんへの挨拶・説明など、教え方の練習をしました。

11月7日、科学の祭典の当日です。最初はお客さんが少なかったので呼び込みもしましたが、だんだんお客さんが増え始めました。団員の意見で決まったノーズコーン付きのロケットは格好良く大人気で、300人以上のお客さんが来てくれました。(団員の意見が正しかったのです)
たくさんのお客さんに喜んでいただき、とても充実した活動になりました。また、分団のPRにもなりました。

団員の感想:「疲れたけど楽しかった。」「ありがとう、と言われた時が嬉しかった。」



たくさんのお客さんが
来てくれました

教えているところ

分団オリジナルのかさ袋ロケット
日立シビックセンター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る