表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
日立シビックセンター分団
秋の星空を見よう
(望遠鏡で観望とプラネタリウム鑑賞)
2004年11月

星の観察と、プラネタリウムの鑑賞を行いました。
まず、シビックセンターの屋上で、白鳥座のアルビレオと月を見ました。
アルビレオは二重星といい、2つの星がならんでいます。望遠鏡で見ると、オレンジ色と青白い星が見えました。月は、たくさんのクレーターが見えました。
その後、プラネタリウムで「オリオン」という新番組を鑑賞し、長い年月の間に星が動くこと、オリオン座は世界各地でいろんな形に例えられていることが分かりました。

<団員の感想>
 「望遠鏡で見る月はとても綺麗。」
 「カシオペア座、ベガ、アルタイルなども見えたよ」
日立シビックセンター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る