表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
日立シビックセンター分団
愛・地球博を見学しよう!


2005年7月

ライオンズクラブ国際協会のご厚意により、団員20名、分団長を含めリーダー5名で、2005年日本国際博覧会(愛・地球博)「ライオンズクラブこども万博デー」に無料招待していただきました。

初日は、グロ−バルコモン4(ヨーロッパ)にあるロシア館を見学した。館内は、マンモスの化石や飛行船などの展示が多くあった。
飛行船 マンモス化石

次に、スペイン館を見学した。スタッフに説明をしていただき、館内を細かく案内していただいた。館中に入ると、火星宇宙探査機を始め多くの展示物や映像があった。最後に、参加者全員にスペイン館オリジナルグッズをいただいた。

2日目の午前中は、万博会場内の「愛・地球広場」にて行われた、ライオンズクラブイベントに参加し、お天気キャスターの森田 正光氏による気象に関する科学講座(台風の原理や雲の作り方など)や米村 でんじろう先生によるサイエンスショー(糸電話の実験やヘリウムガスの実験など)を間近で見ることができた。
米村でんじろう先生のサイエンスショー

昼食後、各班に別れ、パビリオンを見学したり土産品を購入するなどした。
その後、大地の塔(巨大万華鏡)を全員で見学した。
グループで記念写真 グローバルトラム IMTS

ライオンズクラブ国際協会が主催する「ライオンズクラブこども万博デー」は、北は青森県南は鳥取県から、全国から延べ2,000人のライオンズクラブ関係者が参加していた。
参加した団員にとって、今回の体験はとても貴重であり、多くの学びがあった。
日立シビックセンター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る