表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
日立シビックセンター分団
星空観察キャンプの準備をしよう!


2008年7月

<活動の概要>
8月におこなう星空観察キャンプの事前準備とプラネタリウムを使った星座等の学習、天体観望会。

<活動の流れ>
最近のニュースとして、若田・野口宇宙飛行士の宇宙長期滞在、火星探査機フェニックスの話題を紹介。昨年のキャンプを振り返りながら概要を説明し、プラネタリウムを使ってペルセウス座流星群や夏の星座の紹介をしました。終了後は科学館主催の天体観望会に参加して、月と木星を観望しました。プラネタリウムを使っての活動では、団員だけではなく、保護者や兄弟も参加して、元気に質問に答えたりしながら楽しく活動を進めることができました。観望会は、はじめのうちは雲が多くて開催が心配されましたが、少し待っているうちに晴れ間が広がり、月の表面、木星の縞模様や衛星を観察することができました。



日立シビックセンター分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る