表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
一宮分団
トヨタ博物館、長久手古戦場めぐり


2007年11月

自動車産業の歴史を振り返り、環境にやさしい未来カーについてもっと知ってもらえるように午前中に「トヨタ会館」を見学。午後から長久手古戦場跡の古戦場公園、郷土資料館を訪れ、日本の戦国時代の一端を回顧する予定で出発しました。
20数名づつの2班に別れ、午前中に「トヨタ博物館」で1900年代初頭からの自動車や欧米を中心とした歴代の名車を見学。ラッパのクラクション、ろうそく、オイルランプの照明から現代のヘッドライトへの移り変わり、馬車から始まった自動車の発展等、ガイドさんの説明を受けました。午後は長久手町郷土史研究会の方から、秀吉方の武将、勝入塚、庄九郎塚、武蔵塚を中心に説明があり、戦国時代のすさまじい様子を垣間見ることが出来ました。


一宮分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る