表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
一宮分団
モデルロケット教室(火薬ロケット)


2007年12月

団員ら約110人が参加し、午前中に3時間ほどかけて、リーダーに教わりながら一段式ロケットと二段式ロケットを作りました。午後からは運動場に出て打ち上げを行い、団員たちそれぞれ作ったロケットが100メートルを越す高さまで舞い上がりました。ノーズコーンが外れたロケットもありましたが、一発ごとに歓声が上がっていた。(12/4中日新聞尾張版掲載)また、昼食時には分団で購入した6種類の宇宙食をクリスマスプレゼントしました。

<活動の流れ>
午前 9:00 分団長挨拶、プロゼクターを使ってロケット製作及び注意事項。
午前 9:15 各自モデルロケットの製作(一段式火薬ロケット35基、二段式火薬ロケット23基)
正午12:00 昼食(弁当持参)
午後1:00 製作ロケットの打ち上げ
午後2:00 打上げ終了、後片付け、解散


一宮分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る