表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
一宮分団
冬の星空観測会


2008年1月

<活動の概要>
午後6時00分  集 合
午後6時15分  星空のお話、望遠鏡観察
午後8時00分  解散

<活動の流れ>
非常に気温が下がり、寒くなった冬の星空観察となり、欠席者もでましたが、余り雲もなく絶好の観察日となりました。始めにプラネタリウムで冬の星空の説明を聞き、天文台へ移動しました。3階の屋上に4台の望遠鏡と2台の双眼鏡をセットして、各自自由に星を観察し、口径40Cmの望遠鏡で、火星・M42・M45を見せて頂きました。

一宮分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る