表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
分団紹介
 ・結団日2001年5月26日
 ・入団条件特になし
 ・主な活動地域香川県
 ・主な活動施設高松市民文化センター
 ・主な活動日土曜日か日曜日
 ・分団へ支払う会費年間3,000円

2008年度の活動

4月午前/3原色混合機で太陽の色を作ろう(制作と分解の2班での活動)saの延長の考え。午後/太陽・月・星が動くって本当なの
7月タウンミーティングの報告
ホバークラフトで大会をしよう
8月NO.127 県外の大型望遠鏡で観望しよう
NO.128 自分自身で天体望遠鏡の操作で月を見よう
 
2007年度の活動
5月科学のものづくり、天体・宇宙・科学の体験
6月ホバークラフトを作ろう、宇宙はどこまで(月への人工衛星)
7月ホバークラフトを作ろう、宇宙はどこまで(月への人工衛星)
バスツアー(大観望体験とアステムランドで遊ぼう)
8月夏の宇宙キャンプ
手作り望遠鏡、水ロケット制作
丸亀の飛行機大会への参加、水ロケット制作
月食とISS通過目視会
9月科学のものづくり、科学・天体・宇宙の体験
香川大学の望遠鏡で月や星の観察会
ロボット体験教室
10月科学のものづくり、科学・天体・宇宙の体験
香川コズミックカレッジ(宇宙と科学の体験教室)
11月かがわけん科学体験フェスティバル参加
香川水ロケット大会参加
12月午前/若田宇宙飛行士に質問しよう、午後/天体写真撮影の仕方
1月若田宇宙飛行士とのTV会議、アメリカヒューストンとの対話
2月午前/科学ものづくり、午後/2月がなぜ1番寒いの?
3月午前/科学のものづくり(SAの考え)、午後/春の星座はなぜ変わる
 
2006年度の活動
4月春の宇宙キャンプ
5月飛行の世界体験−飛ぶ違いを考えよう−
彗星を見る会
6月ロケットカーを作ろう
7月ハイレベル水ロケット
宇宙キャンプ
8月月の観望
「松本零士の世界」講演会−時間は夢を裏切らない−
天体写真を撮ろう
9月大学の望遠鏡で月を見よう
10月五剣山で宝永大地震の落石を見よう
1月宇宙はどこまで(銀河系と太陽系のはて)
2月宇宙はどこまで(銀河系と太陽系のはて)
3月宇宙はどこまで(銀河系と太陽系のはて)
 
2005年度の活動
4月人工衛星を飛ばそう
5月真空の世界を作ろう
6月夏至と太陽系
7月南極はなぜ今冬なの
木星・金星を望遠鏡操作して見よう
8月宇宙キャンプをしよう
9月大学の大型望遠鏡で金星・木星を見よう
毛利団長に2回めの出会いをしよう
10月部分月食を望遠鏡操作で見よう
11月水ロケットを作ろう、そして飛ばそう
第4回香川ペットボトル水ロケット大会
1月プラネタリウム見学と地球に人類出現はいつ
2月リーダーズセミナー
3月ペーパークラフト「だいち」制作
 
2004年度の活動
4月彗星が見えてくるよ
5月ニート彗星を見よう
6月金星の太陽面通過 ISSを見る会
7月雲のでき方と気圧計づくり
「ペルセウス流星群の流れ星」キャンプ
8月夏の宇宙キャンプ(ペルセウス流星)
プラネタリウム作り・パラシュート飛ばし
3周年記念式と宇宙講演会
9月電気の不思議(静電気)
最大上弦の月の天体写真撮影と望遠鏡操作
10月工学部での体験学習をしよう
11月かがわ科学フェスティバル
第3回香川アイデア水ロケット大会
12月コマ大会・数にひそむ不思議
1月宇宙誕生・プラネタリウム
2月工学部での体験教室
3月分操作の望遠鏡で土星とスバルを見よう(春の宇宙キャンプ)
 
2001年度の活動
6月10kgいん石と宇宙
7月キャンプによる天体観測と水ロケット
8月紙プラネタリウム作りと科学実験
9月いん石衝突実験、いん石探し
10月活断層見学会
11月太陽黒点観測と太陽系工作、水ロケット
12月化石と石
1月冬の星座と科学の世界
2月宇宙ロボット
3月春のキャンプによる天体観測