表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
鹿児島支部鹿児島分団
電波望遠鏡見学
2002年2月



2月の活動は、入来峠の国立天文台の見学でした。
直径20メートルの電波望遠鏡が、宇宙を向いていました。それを動かすと、音もなくスムーズに東西南北、上下へと大きなアンテナが動きました。
それから、教育センターの前田先生、鹿児島大学宇宙コース面高先生のベラ計画、それに赤外線望遠鏡についての説明を聞きました。
その日は、ベラ計画を考えられた「森本先生」も来て説明してもらいましたよ。ベラ計画では、世界で初めての宇宙地図を作るのだそうです。



森本先生を囲んで


前田先生のVERA説明


面高教授 赤外線についての話


前田先生 赤外線望遠鏡説明

赤外線は、私たちの体からも出ていることも知りました。
また、赤外線は目に見えないのに、赤外線コタツは赤い光に見えるのは、どうしてでしょうと、わかりやすく教えてくださいましたよ。
 
鹿児島分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る





鹿児島支部鹿児島分団
若田光一副団長との交流会参加
2002年2月

<<若田飛行士の講演に参加して>>
国分で若田飛行士の講演がありました。鹿児島分団からの参加者は、少ないでした。
若田飛行士は、将来、種子島から日本のスペースシャトルを打上げるのは、今の僕たちだと教えてくれました。ぜひ、ぼくもその中の一人として、宇宙の仕事をしたいと思います。
そのためにも、いろいろな勉強をしなければと思います。
桑原 惇
鹿児島分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る