表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
鹿児島支部鹿児島分団
空気、真空について考えよう



2007年12月

真空を観察するために、団員それぞれが注射器とタッパーを使用しての真空ポンプを作成しました。注射器でタッパーの空気を抜いて真空状態を作り、タッパーの中の物がどう変化するかを観察しました。お菓子のマシュマロが膨脹するのが分かりました。さらに、風船を入れて見ました。大きくなっていくのにビックリしました。また、水が100度以下で泡をたてて沸騰するのも学びました。身近にありすぎて不思議と思わない空気のこと、二酸化炭素のこと、温暖化のことについて勉強しました。

鹿児島支部鹿児島分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る