表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
愛三岐支部各務原分団
トヨタテクノミュージアム見学


2005年10月

11月例会で名古屋の産業技術記念館(トヨタテクノミュージアム)へ行ってきました。参加者は12名で少なかったのですが、トヨタ自動車にお勤めの方に説明していただき、トヨタの社員ならではの貴重なお話を聞くことができました。
←昔の自動織機の説明を受けています。古い機械は木製で時代を感じさせるものですが、現代のロボットにも負けない仕掛けや工夫が凝らされているのがわかりました。
1分間に400本の横糸を通すことのできる現代の自動織機です。
鍛造工程の実演です。金属を1200度に熱して、120トンのプレス機で3回のプレスを経て、コンロッド(エンジンのピストンの動きをシャフトに伝える部品)のミニチュアが作られます。
自動車の車体の構造について説明を受けています。
燃料電池車のコンセプトカーをバックに記念撮影しました。

愛三岐支部各務原分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る