表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
愛三岐支部各務原分団
プチロケット製作


2006年5月

5月例会では「プチロケット製作」をテーマに、リーダーの指導で「空気の圧力で飛ぶロ
ケット」「アルコールの爆発で飛ぶロケット」「バブロケット」の、3種類のロケットを作っ
て飛ばす活動をしました。

どのロケットも、本体はフィルムケースで作り、3種類のロケットに共通に使います。
「空気の圧力で飛ぶロケット」は、コンプレッサーで約3気圧に圧縮した空気を一旦ペッ
トボトルに蓄え、フィルムケースのロケットとホースでつないで、レバーを引くことで空気
を送り込んで発射します。先端にはマジックテープを付け、同じくマジックテープのつい
たキャッチャーで受け止めるゲームをしました。

「アルコールの爆発で飛ぶロケット」は、気化させたアルコールに電気火花で点火して
ロケットを発射します。どのタイミングで点火するかが難しく、やってみるとなかなか点
火せずに苦労しました。アルコールロケットでは他に、紙コップで作ったロケットのデモ
も行なわれましたが、こちらは天井まで届くほどよく飛びました。

「バブロケット」は、YACではおなじみの入浴剤で飛ばすロケットです。水を加えてふた
を閉めてから、いつ発射するかわからないスリルが面白くて、用意した入浴剤が空っ
ぽになるほど盛り上がっていました。


空気圧の説明をするリーダー
ロケット製作中
空気圧ロケットを構えて発射準備完了!
アルコールロケット点火用意!
うまく飛ぶかな?
参加者そろって記念撮影

愛三岐支部各務原分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る