表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
金沢支部金沢北コロンビア分団
かんじきウォーキング
冬の自然観察
2004年1月

金沢北コロンビア分団ではここ数年間、冬の時期に金沢市のキゴ山で冬の自然観察を行ってきました。今年度は、かんじき(昨年度はクロスカントリースキー)を履いて、雪深い「銀河の里キゴ山」周辺を歩きます。
今年は、活動日の2日前に金沢に大雪が降り、新雪の中を歩くことができました。木々の冬芽の様子や動物の足跡(今年は見られなかった)を観察したり、かまくらを作って中の暖かさを体験したりしました。




<参加者の感想>

・ぼくは、今日のかんじきハイクをしました! ぼくは、かんじきは今日はじめてやったけど、ぼくはかんじきはこんなに楽しいものだとは知りませんでした! 今日は、3個のかつどうをして、かんじきは楽しかったし、長ぐつだけのときは、長ぐつの中に雪が入ってとてもいたかったし、ぼくは、ごつごつして、とてもつめたかったです!
かまくらは、思ったよりあたたかくてとてもびっくりしました! ぼくは、今日の活動ではじめてかんじきをはいて、雪のすべり台を体験できて、とてもうれしかったです! 今日の体けんができてよかったです。

・雪の中でのかんじきハイクが楽しかった。
かまくらを作って、中に入って温かかったです。



金沢支部北コロンビア分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る