表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
金沢支部金沢北コロンビア分団
燃料電池を作ろう
2003年12月

キット*を使ってペットボトル燃料電池を作り、燃料電池のしくみについて学びました。
作った燃料電池でオルゴールを鳴らしたり、プロペラを回したりしました。
また、食塩水を清涼飲料水やりんごジュース等にも変えて、実験しました。

*キットは、太陽化学有限会社製「楽しい燃料電池キット」を使いました



<参加者の感想>

・ぼくは、今日初めて燃料電池を作り、こんなに簡単に作れるなんて知りませんでした! ぼくは、これからも家でいろいろなものでたしかめてやりたいです! とても楽しかったのでよかったです!(小6 男)

・燃料電池とは聞いたことがあってもどんな風に使ったりするのか分かりませんでした。でもビデオを見せてもらって、いろんな使いみちがあるんだなと思いました。作る時はキットを見てもなんじゃこりゃ?というかんじでしたが、だんだんとできて、うれしかった。オルゴールがなったのもうれしかったです。(中2 女)

・燃料電池の仕組などがわかってよかったし、自分で作れたのでとても楽しかったです。これからは、燃料電池を生活に使っていき、地球を大切にしていきたいです。(小5 男)

・ペットボトルにえんぴつのしんを入れただけでできるのかなーと思いました。それに、ポカリ、お茶、リンゴジュース、おゆ、食塩、じゅうそうをまぜてみたらできました!(小5 女)









金沢支部北コロンビア分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る