表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
金沢支部金沢北コロンビア分団
走れ!ペットボトルカー(2)


2005年9月

6月の活動で、「ペットロッド」(日本ペットボトルクラフト協会)を4人に1台製作し、試走しました。
そして、今回は、6月に製作したペットロッドを使って、ボウリング大会を行いました。団員による8チームに加えて、リーダーから2チームも参加し、計10チームで競い合いました。
水の入った大小のペットボトルをボウリングピンに見立てて、ペットボトルカーを走らせてピンを倒すというボウリング大会をしました。
団員は、機体に新たな部品を取り付けたり、機体の特性に合わせて発射台の向きを変えたりするなど、工夫を凝らして取り組んでいました。
最後には、リーダーが結果に応じて全員に景品をプレゼントするとともに、機体の走る仕組み等について、活動中に団員が気づいたことをひろいあげながら解説しました。
<参加者の感想>

・けっこうかいぞうがむずかしくて、あまり点数をとれなかったけど、とっても楽しかった。来月も来たいです。(小5)

・1位になれなかったのはくやしかったけれど、(ブラック・ゴールドチームをぬいて)2位だったので、よかったです。(小5)

・最初、前のタイヤがういていたので、テープをまいたらまっすぐ走るようになった。少しまがる時は、位置をかえたりするとペットボトルにあたったので、よかった。走ったあとに、中にくもができていた。(小6)

・初めてペットボトルカーをYACでみたので、あまり1位を期待せず、「みるだけ」にしようかと思いました。しかし、White first号が「ストライク」をとったので、「みるだけ」にすることができなくなり、がんばってがんばってついに「3位」になり、とてもうれしかった。
金沢支部北コロンビア分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る