表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
川崎分団
CDで分光器をつくろう


2005年5月

・水性ペンと「ろ紙」でのペーパークロマトグラフィー
色々な色の水性ペンでろ紙に線をひき、水に浸して色が分かれていく様子を観察しました。茶色やオレンジのペンがとてもきれいなピンクや黄色のつぶが集まってできていることなどがわかりました。
・3色懐中電灯での色をまぜる実験
赤・青・緑のセロファンを通した光を混ぜました。電気や太陽の光は色々な色が混ざって白(透明)く見えているということが分かりました。
・手作り分光器で色を分ける実験
方眼用紙で作った箱の中にCDを入れて簡易分光器を作りました。蛍光灯・太陽・水銀灯など色々な光の虹を観察しました。
分光器のCDを入れる位置の調整に手間取りましたが、みんなで工夫しあって楽しい活動になりました。クロマトグラフィー・分光器作りはみんなはじめてでしたが、予想以上にクロマトグラフィーが楽しく、また、きれいな虹が見えたので、満足して帰ったようです。
川崎分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る