表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
こおりやま分団
「国立天文台」見学ツアー
2004年11月

恒例の施設見学会、今年は、最新の天文学を学びに、「国立天文台」見学ツアーです。早朝に、郡山を出発。まずは、日本一の65cm屈折望遠鏡の見学からスタート。今回は、「郡山市ふれあい科学館」水谷先生の案内で、詳しい見学が出来ました。(先生は、3月までここ国立天文台で、研究をしていました。)
緑に囲まれた、広い敷地内をあちこち見学しました。50cmの反射望遠鏡による、「真昼の星空探索」は、貴重な経験でした。ちょうど晴れ間に輝く「白いヴェガ」を見ることが出来ました。その後、天文台の誇る「4Dシアター」で、最先端の天文学「今、何がわかっているか…・」銀河系や、宇宙全体の驚きの映像に触れて、団員達は、気分はすっかり天文学者です。16時ころまで見学し、郡山には、とっぷりと日の暮れた、20時頃に到着。充実した1日でした。


こおりやま分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る