表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
熊本夢わくわく分団
化石のレプリカを作ろう


2005年5月

石膏と絵の具で化石のレプリカを作りました。
<感想文>
化石のレプリカ作りは、とても楽しかったです。
僕は、石こうで化石のレプリカを作るとは、思ってもみませんでした。
石こうを、水で溶かしてソフトクリームぐらいのかたさにまぜるのは、面白かったです。でも、かたさを調節するのが、難しかったです。
そのあと、型に流し込むのは簡単でしたが、量が足りず、急いで次の石こうを水とまぜました。
最初に作ったのは、小さなアンモナイトでした。お父さんは、恐竜の歯を作りました。
それから、十五分ぐらいたって、型を慎重に取り外すと、きれいに出来ていました。時間があまったので、二個目を作ることにしました。
二個目は、大きなアンモナイトでした。お父さんには、ねだってビカリアを作らせました。
この二個目がかたまる間に、アクリル水彩絵の具を使って一個目の色塗りをしました。本物そっくりな色にしようとしたけど、なかなかいい色にならなかったです。最後に、ニスを塗って仕上げてみると、意外といい色になっていて、嬉しかったです。
二個目も色を塗って、ニスを塗ると、なかなかいい色になっていました。
全部の仕上がりを見てみると、本物みたいだったので、よかったです。
化石のレプリカ作りはとても面白かったので、御船町恐竜博物館に行って、またレプリカを作りたいと思いました。
熊本夢わくわく分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る