表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
呉やまと分団
水を使わずにペットボトルロケットを地上で走らせよう

2008年2月

ロケットカーを製作し、まっすぐ走るかどうか競技した。夏に水ロケットを開催しており、水と空気、詰める物の違いでどのように動き方が変わるかなど、事前目標を書かせることにより、各人が目的を持って活動した。

<活動の流れ>
・今年度最後の活動ということで、初めに修了式を行い、すべての活動に参加した団員に皆勤賞を贈った。
・製作では4、5人ずつ、10グループに別れ、班長、カード係、道具係、片付係の役割を持って活動した。
・競技では12mのラインを引き、それを超えたら金賞、超えなかったら銀賞の認定証を渡した。その後、水ロケットの映像を見せながら、水と空気の違いなど原理を解説した。
・当日は、リーダーズセミナーの参加者や保護者も活動を見学した。
・水ロケットに比べ安価な工作だが、ランチャーを工夫することにより室内でもでき、団員たちにも好評だった。
呉やまと分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る