表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
呉やまと分団
製鉄所見学

2007年12月

市内にある工場で、鉄鉱石から鉄が出来るまでの工程を見学しました。

<活動の流れ>
・ビデオで概要の説明を受けた後、バスに乗って、鉄鉱石などを保管する原料ヤードや原料を燃やす高炉などを見学しました。
・ドロドロに溶けた鉄を薄く延ばしていく圧延施設は、バスを降りて見学。目の前を真っ赤な鉄がローラーの上を左右に転がって薄く延ばされ、厚さ1.2oでコイル状に巻き取られる様子は迫力満点でした。
・そのほか、水のリサイクル利用や高炉を利用しての自家発電、事故ゼロを目指す取り組みなどの説明も受けました。
・質疑応答では「どうしてコイル状にして出荷するの?」「鉄鉱石は石油のように枯れないの」などの疑問が出ていました。

呉やまと分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る