表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
みなべ梅の里分団
水ロケットを飛ばそう


2005年8月

一宮分団長、備後ローズスター副分団長の指導のもと、水ロケットの製作に取り組んだ。前日にリーダー研修を受けていたので、活動をスムースに展開することができた。
製作した水ロケットは、1.5リットルのペットボトル2本を使用し、画用紙で先端部分をつくり、粘土で重心をとった初歩的なもの。ほとんどの水ロケットは、100m以上飛んだ。子どもたちは一様に、水ロケットの飛距離に驚いていた。


午後からは、リーダー所有のヘリコプターで空中散歩を行なった。自分の家やみなべ町の町並みを上空から見ることができ団員は感激していた。
その後、備後ローズスター分団と交流会を持ち、再度水ロケットを飛ばして楽しく過ごした。



みなべ梅の里分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る