表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
みなべ梅の里分団
春を食べよう


2007年3月

みなべ町内の三里峰で植樹や山菜採りをし、自然に親しむ活動をしました。
荒地を自然林に復元しようと取り組んでいる、みなべ町内の三里峰で、ヤシャブシの苗50本を植樹しました。また、やまびこが最もきれいにこだます「ヤッホーポイント」で元気に「ヤッホー」を響かせました。
周辺に生えている山菜を持ち帰り、山菜料理に挑戦。火種を作るため、原始的な道具のマイギリを使って火おこし体験もしました。ワラビ、セリ、フキノトウ、ツクシ、サンショウ、タラノメ、ヨモギ、ユキノシタ、イタドリなどを天ぷらや炊き込みご飯にして食べました。子どもたちは「山菜がこんなにもおいしいとは思わなかった」と喜んで味わっていました。



みなべ梅の里分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る