表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
みなべ梅の里分団
ウミガメ観察


2006年7月

みなべ町千里の浜で、ウミガメ観察を実施しました。
観察前に保健師のリーダーの指導で、救急法について学習しました。

その後、ウミガメ研究班の先生から、今年の散乱状況やウミガメの生態系について教わり、ウミガメの産卵を観察しました。
午後9時すぎに運良く産卵を観察することができました。団員、リーダー、保護者ともに産卵のシーンに感激の様子でした。また、ウミガメ研究班の先生の指導のもと、卵をさわらせてもらいました。

しかし、10年前にくらべると産卵数が激減しています。今回の活動で、すばらしい自然を後世に残そうとする環境保全の意識が高まることを願っています。



<紀伊民報提供>

みなべ梅の里分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る