表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
未来MM分団
こおりやま分団との交流 及び 日本科学未来館見学


2007年11月

分団員を小グループに分け、こおりやまと未来MMの混合チームでテーマを決めて展示物を研究しました。MM分団の2年生以下は3階でリーダーと一歩に遊びました。

<活動の流れ>
1. ベガ入団式:兄、妹で入団してくれた新団員2名を迎えました。
2. こおりやま分団のお友達が到着:挨拶、紹介のあと記念撮影。
3. スピカ(3年生以上)は4つの班にわかれて「地震」「ロボット」「スーパーカミオカンデ」「国際宇宙ステーション」[インターネット物理モデル]などを調査。
4. 調査結果を発表、一人ひとり上手に発表することができました。ベガの団員もよく聞いていました。 ただ漫然と見学するのではなく、展示を絞って調べ、それをみんなの前で発表することで有意義な見学になったと思います。また同じ目標を持つ友達もできたようです。
5.ベガ(2年生以下)は、アシモの演技を見たり、アイボやパロなどのロボットと遊んだり、超伝導で動くマグレブを見たり、ゲームをしたりして楽しく遊びました。最後に「インターネット物理モデル」で一人ひとり文字を送ったり、受け取ったりしてインターネットの仕組みを少し勉強しました。1文字にボール16個も使うことに驚きました。
6. いつものとおり、ワークシートを完成し、みんなで挨拶をして、解散しました。


未来MM分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る