表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
未来MM分団
みんなで作ろう!夏の空と冬の空・スターライト


2008年2月

<活動の概要>
ベガ:黒い布にお線香で穴を開け、プラネタリウムを作る
スピカ:カップヌードルの容器でプラネタリウムを作る

<活動の流れ>
ベガ「夏の空と冬の空」
星座早見表で夏と冬に見える星座を見つけました。黒い布に、白いペンやチョークでそれぞれの星座の星の配列を記入しましたそのあと、星の位置にお線香で穴を開けました。外に出て太陽にかざして見ると、みんなが作った星座が夜空に輝くように見えました。なんと言ってもお線香で穴を開けるのが面白かったようです。 星座のなまえや形も覚えてくれたかな?その後、スピカのお兄さんやお姉さんが作ったスターライトの実演を見せてもらいました。とてもたくさん星が映し出され、きれいでした!

スピカ「スターライト」
アクリル絵の具で、カップ麺の内側を黒く塗ります。そして、黒い画用紙にまち針や画鋲などで、星座の星の位置に穴を空けていきます。明るい星は大きな穴、暗い星は小さな穴。それぞれ工夫して空けました。そこに市販の懐中電灯を取り付けます。 完成してから、電気を消し部屋を真っ暗にして壁や天井に映した時は、綺麗でした!その後、ベガのみんながつくった黒い布の中に入って星座を見つけました。




未来MM分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る