表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
ミザール分団
セラミックの学習と制作・焼成体験


2006年2月

ペーパーセラミック紙による折り紙で、徳山の特産品「ふぐ」を折り、作品にしました。950度まで加熱し、紙状のセラミック原紙をセラミックに焼成しました。
加熱工程(約1時間)では、熱電対温度計で温度を測りながら炎の色を観察し、冷却時間(約1時間)は、紙ひこうきを製作し、ひこうき遊びを行いました。
不思議なペーパーセラミックで、かわいい「ふぐ」の作品ができあがりました。
折り紙教室 セラミック教室です
ガスコンロで焼成するガス窯です 作品を窯に仕込みました 1時間後焼成完了 40%縮小しました
作品を飾る額の製作です ぼくも芸術家の一員です セラミックのふぐ 芸術品です
作品が完成しました 記念撮影
ミザール分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る