表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
ミザール分団
バルサ飛行機の製作


2005年5月

徳山セントラルロータリークラブ5月例会の特別イベントとして実施。
導入講義
1) 周南工業地域の基盤である人材作り(理数科に強い青少年を育てる活動)のひとつとして、日本宇宙少年団ミザール分団の活動を進める
2)宇宙少年団の誕生の歴史および、日本宇宙少年団の誕生の歴史

講義風景 真剣です!
第1講 飛行機はどうして飛べるの
飛行機模型をしめし推進力と揚力の必要性を指導し、電動実験セットで揚力発生を見せ、参加者個々に翼型紙リングを作らせ、口で吹いて揚力発生を確認、よく飛ぶ飛行機の必要条件は主翼にあることを認識させる。
第2講 バルサ飛行機の製作
元少年少女の皆さんに、自分のナイフで、バルサ素材を加工して翼型・機体部品を削りだし、ハンドランチグライダーを組立、重心調整を体験させる。
第3講 修了試験(飛行審査)
各自、完成したハンドランチグライダーの飛ばし方を練習し、的あて競技を行い優良者には優等賞を授与した。
初めての揚力実験
上反角治具で翼の組立中
うれしそうな社長さん達
ミザール分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る