表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
新潟きぼう分団
音の科学「パイプオルガンのしくみ」


2006年12月


音の科学として、パイプオルガンの音と宇宙との関係を学ぶために「りゅーとぴあ音楽ホール」を見学しました。
最初にパイプオルガンの演奏を効いて、その音色に聴き入りました。そして、パイプオルガンの内部を案内してもらい、音が出るしくみを教わりました。今回は、小型のパイプオルガンを実際に分解するところを見ながら、構造のくわしい説明を聞きました。最後に、パイプオルガンの演奏を聴きながら、「あっちが鳴っている、こっちが鳴っている」と、パイプオルガンのどこから音が聞こえるか、みんなで探していました。
パイプオルガンの音と宇宙のつながりについては、「バッハが作ったパイプオルガンのための曲が、惑星間の距離に関係している」ということがわかり、団員たちは感動していました。
新潟きぼう分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る