表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る
相模原分団
相模原分団・厚木分団合同 クリスマス会


2006年12月

今年のクリスマス会は、昨年に引き続き厚木分団との合同で開催しました。

まず、JAXAの中沢さんから「宇宙食のおはなし」の講義を聞きました。アイスクリームやドライカレー、バナナチップなど、みんなが知っている代表的な宇宙食は「宇宙スナック」と呼ばれていて、実際には宇宙では食べることがないそうです。フリーズドライのイチゴはよく食べられているそうで、みんなで試食もしてみました。さらに、宇宙食の条件や、宇宙飛行士に必要な一日の栄養のこと、毛利宇宙飛行士が宇宙に納豆を持って行きたいと言ったときのことなど、とても興味深いお話をたくさんしていただきました。
その後、インスタントラーメンを使って、宇宙ラーメンを作ってみました。できあがりは班ごとにさまざまでしたが、みんな楽しく作れた様子でした。

食事をとってから、水ロケットの国際大会に参加した団員からの報告会をしました。スライドでいろいろな写真を映しながら、印象に残ったことを話してくれました。水ロケットは、インドネシアで用意された材料で作ったためか、いつもの調子が出せなかったことが残念だったと言っていました。
続いて、夏の種子島スペースキャンプに参加した団員からも報告がありました。鉄砲館を見学したことやH2ロケットを見てその大きさに圧倒されたことなど、とてもいい体験ができたようでした。
報告会の後は、みんなが楽しみにしていたビンゴ大会でプレゼント交換をしたり、クリスマスソングを歌ったりして楽しみました。

相模原分団へ戻る

表紙へ戻る 『活動紹介』へ戻る